<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.10.11 Thursday

校内競技大会2018

受賞者紹介

 

理容科1学年

1位 藤原 エナ (福岡高校卒)

2位 古月 弥央 (六戸高校卒) 

 

美容科1学年

1位 鳥越  映見  (百石高校卒)

2位 川畑  湖乃美 (田名部高校卒)

3位 植村怜奈 フランセスカ (光星高校卒)

4位 中村  優依  (光星高校卒)

5位 清水  彩純  (百石高校卒)

6位 今   龍生  (野辺地高校卒)

7位 上村  恵里佳 (名久井農業高校卒)

8位 大久保 百華  (八戸商業高校卒)

 

作品賞

  クラシカルバリエーションセット部門

   田畑 晶己  (千葉学園高校卒)

 

 ネイルアート部門

   佐藤 夕佳      (社会人)

 

 

 

【受賞者インタビュー】

授業で自分が入賞できるように気合を入れて取り組みました。でも校内で大会をするのは初めてだったので、とても緊張しました。

放課後の時間を使ってタイムをはかったり自分が苦手な部分を意識して何度も繰り返して少しでもきれいにみせようと努力しました。

周りの人たちは上達が早く、置いていかれないように必死で練習しました。

終わってから仕上がっている作品をみていると、自分の作品の悪い部分が見えて他の作品が羨ましく思えました。

達成感はありましたが、まだまだ改善する部分がありますね。

今後は後期試験にむけてさらに改善をして自分の100パーセントをだせるように努力したいです。

 

 

理容科2学年

1位 川崎 義久    (六戸高校卒)

 

美容科2学年

2位 檜山 楓       (三沢商業高校卒)

3位 蒲  絹子    (むつ工業高校卒)
4位 赤坂 亜衣香 (千葉学園高校卒)

5位 野崎 亜優美 (六戸高校卒)
6位 大下 莉奈    (千葉学園高校卒)
7位 上村 柊       (田子高校卒)
8位 柏崎 真吾    (六戸高校卒) 

 

作品賞

 ロング部門

  野崎 亜優美    (六戸高校卒)

 

 カット部門

  盒供[法   (八戸工業大学第一高校卒)

 

 

 

 

【受賞者インタビュー】

1年生の時に優勝したので、2年生になっても1位を目指して練習に励んでいました。授業での練習はしっかりできていたけど放課後もっと真剣に練習すればよかったと思い後悔していました。

授業中はしっかり話を聞いてアドバイスをもらいながら苦手克服に焦点を絞って練習を続けていました。

緊張はそんなにしなかったです、というのも校長先生が大会を楽しんだ人の勝ちですよ、というアドバイスをしてくれたので楽しむことを考えて当日過ごしました。

競技が終わってから他の人の作品をみているとみんな綺麗だったので、焦りを感じていました。

実際に優勝したのは嬉しかったけど、自分の今までの取り組みを考えると素直に喜べない自分が情けないなと感じました。

今年は国家試験!!悔いの残らないように練習続けていきます!!

2018.07.30 Monday

第10回 全国理容美容学生技術選手権大会 東北地区大会

受賞者紹介

優秀賞

クラシカルバックバリエーションセット部門

中村 英道    (八戸工業大学第二高校卒)

山 莉果    (久慈東高校卒) 

 

敢闘賞

理容カット部門

川崎 義久    (六戸高校卒)

美容カット部門

渡部 拓哉    (八戸工業大学第一高校卒)

ネイルアート部門

表    未紗    (八戸工業大学第二高校卒)

 

【受賞者インタビュー】

1年生の時には自分がどこまでできるかわからなかったけど、賞をとることができたので今回の大会ではもっと上をとることが期待されているような気がして多少緊張していました。

練習していく中でクラシカルの形をつくることはもちろんのこと、残りの時間はフロントのデザインを煮詰めることに集中しました。昨年よりプレッシャーを感じている中練習通りにやることがむずかしかったです。

大会が終わって他の選手の作品をみたとき、自分の仕上がりに自信を持てた反面、自分より上手に仕上がっている作品もあってそこを念入りに研究しながら今後につなげようと思いました。

自分の作品は自己評価では50点。まだまだ全力を出しきれませんでした。全国大会まで練習を積み重ねて賞状をもって帰ってきたいと思います!!

2018.06.22 Friday

全日本婚礼美容家協会 着付コンテスト東北ブロック大会2018

受賞者紹介

黒留部門

金賞 竹中 唯  (向陵高校卒)

銀賞 岩木 涼  (三戸高校卒) 

   蛯名 杏香 (三沢商業高校卒)

   大下 莉奈 (千葉学園高校卒)

   野月 瑞穂 (野辺地高校卒)

   西村 華子 (名久井農業高校卒)

 

【受賞者インタビュー】

2ヶ月という短い時間の中で着付けの行程をすべて覚えるのが大変でした。

着付のことがまったくわからない初心者から初めて、黒留袖とはどういう着物なのか、家紋とはなんなのか、意味も含めて学ぶことができました。お太鼓の作り方を覚えてからは形をきれいに整えていくことにも気を配りました。

大会本番は緊張しましたけど、始まってからは落ち着いて出来たと思います。

自分の名前が呼ばれた時はびっくりしたけど嬉しかったです。

お忙しい中、時間を作って教えてくださった先生、大会にでる機会をくださった先生に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

2018.06.05 Tuesday

BarBer-ONE2018コンテスト

受賞者紹介

クラシカルバックバリエーションセット部門

優勝  中村 英道 (八戸工業大学第二高校卒) 

第二位 山 莉果 (久慈東高校卒)  

第三位 藤原 エナ (福岡高校卒)

敢闘賞 中村 実佑 (八戸水産高校卒)

敢闘賞 川崎 義久 (六戸高校卒)

敢闘賞 田畑 晶己 (千葉学園高校卒)

敢闘賞 古月 弥央 (六戸高校卒) 

 

【受賞者インタビュー】

2年生になって、去年参加した時とは気持ちが大きく違いました。

同級生の選手もたくさん参加していて、以前は自分の力を出し切ることが精一杯だったのですが「負けたくない」という気持ちが前面に出ていました。

作品のベースになるウィッグも毛の長さが変わって毛の流れ、面と艶を出すことが出来るようになり自分の変化を感じられました。

今回の大会の結果に満足することなく、7月に開催される学生選手権大会、そして全国大会に向けてさらに技術を磨き上位入賞を目標として毎日練習に励んでいきます!!

 

2018.02.21 Wednesday

メイクコンテスト2018

受賞者紹介

金賞  渡部 拓哉  (八戸工業大学第一高校卒)

モデル 明戸 大和  (日本放送協会学園卒)

テーマ:海賊メイク

ジャックスパロウに似せるように目の周りは黒く濃く、シャドーやハイライトを使って立体感をつくり、ほりを深くみせるようにしました。


【受賞者インタビュー】

普段自分にも人にもメイクをすることがなく、授業で初めてやり方を知りました。アイモデル(お互いにメイクし合うこと)で授業をすることが多かったのですが、人に触るのはとても怖かったです。だんだんやり方がわかってきたら楽しくなりました。今回のコンテストでは人と同じものは絶対嫌だったのでナチュラルな感じではなく個性的なものをやろうと決めていました。名前を呼ばれた時はびっくりしたけどとても嬉しかったです。

 

銀賞  野月 瑞穂(野辺地高校卒)

モデル 簗川 里沙  (七戸高校卒)

テーマ:蝶

立体感のある顔立ちと目元の蝶、シャドーのグラデーションに注目してください。

 

 

銅賞  菅野 泰晃  (八戸工業大学第一高校卒)

モデル 舘  克海  (八戸工業大学第一高校卒)

テーマ:山田孝之風メイク

眉毛を太く濃く描き、ノーズシャドウを入れてほりの深さを出しました。

 

 

アートメイク賞 

福田 可奈子 (八戸西高校卒)

テーマ:わんわん物語

ディズニー映画のレディとトランプの世界をスキンドールで表現しました。

ホーム
Powered by
30days Album