<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.10.10 Tuesday

校内競技大会2017

受賞者紹介

 

理容科1学年
 1位 山崎 莉果 (久慈東高校卒)


作品賞

  フリースタイル部門

      山崎 莉果 (久慈東高校卒)

 

美容科1学年

 1位 檜山 楓  (三沢商業高校卒)
 2位 上村 柊  (田子高校卒)
 3位 菅野 誉晃 (八戸工業大学第一高校卒)
 4位 蒲  絹子 (むつ工業高校卒)
 5位 福田 留菜 (七戸高校卒)
 6位 鳴海 有里菜(大湊高校卒)
 7位 野崎 亜優美(六戸高校卒)

 

【受賞者インタビュー】

4月からワインディングというパーマを巻くための技術をずっと練習してきました。制限時間の中、様々な規定をクリアできるように細かいところまで注意して放課後も時間をつくって頑張りました。

9月の前期試験の時は緊張して思うようにできなかったけれど、大会では落ち着いてできたので割と練習通りできました。名前が呼ばれたときにはびっくりしましたが、とてもうれしかったです。

これからの実習では、シャンプーをクリアしてサロン実習で2年生のようになりたいです!

 

美容科2学年

1位 村岡    菜摘   (三本木農業高校卒)
2位 河原木 理乃   (向陵高校卒)
3位 古田  みらの(八戸工業大学第二高校卒)
4位 奥寺    桃香   (三沢商業高校卒)

5位 泉山    勇樹   (八戸学院野辺地高校卒)

6位 石井    大  (仙台育英学園高校卒)
 

作品賞

 ロング部門

     河原木  理乃  (向陵高校卒)

 

 カット部門

   上ノ山  彩   (千葉学園高校卒)

 

【受賞者インタビュー】

2年生になってからウェーブの練習を続けてきて思っていたことは、きれいに仕上げることの難しさでした。ウェーブの構成を理解した上でつくっていかないとバランスが悪くなってしまうし、頭では分かっていても今度は理想通りにできなかったりして悩みました。大会ではピンカールの面がきれいにできたので、嬉しかったです。

国家試験に向けてワインディングになるか、ウェーブになるかわからないけれど、全力で取り組んで合格したいと思います‼

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.09.04 Monday

第9回 全国理容美容学生技術選手権大会 東北地区大会

受賞者紹介

優秀賞

ヘアデザイン画部門

古田 みらの (八戸工業大学第二高校卒)

アップスタイル部門

吉田 妃七    (千葉学園高校卒)

 

敢闘賞

ネイルアート部門

古田 みらの (八戸工業大学第二高校卒)

アップスタイル部門

茂内  綾    (千葉学園高校卒)

クラシカルバックバリエーションセット部門

中村 英道    (八戸工業大学第二高校卒)

 

【受賞者インタビュー】

自分が1年生だった時に先輩たちが頑張っている姿をみて憧れて大会に出場してみたいと思っていました。

実際にデザイン画を考えたり、作品を作ってみると、思っている通りにいかないことがたくさんあり戸惑うことが多かったです。

最後は毛先の流れや動きの細部にこだわって練習を重ねていました。

大会の時、自分の部門ごとにウィッグをもって並んだのですが、他の選手のウィッグを見て、自分のカラーリングがシンプルな気がして不安に襲われました。実際に作った作品は、自分の中では満足のいくものではなかったけれど、それを全国大会での課題として練習に励んでいきたいと思います!!

2017.07.18 Tuesday

BarBer-ONE2017コンテスト

受賞者紹介

クラシカルバックバリエーションセット部門

準優勝 中村 英道 (八戸工業大学第二高校卒) 

第三位 川崎 義久 (六戸高校卒)  

敢闘賞 山 莉果 (久慈東高校卒)

 

【受賞者インタビュー】

1年生でも大会に参加出来ると聞き出場することに決めました。実質2ヶ月も練習する期間がありませんでしたが、先生から基本的な技術から作品を仕上げるところまで細かく説明してもらい、自分は不甲斐ない結果を出さないよう一生懸命練習に取り組みました。大会は審査員の先生方がたくさんいて、観客の方との距離も近かったのでとても緊張していました。

でき上がった作品は、上手くできた部分とできない部分があり、満足のできるものではありませんでした。これから別の大会もあるので、そこでも受賞できるようにがんばります。そしてまた来年も大会に出場してさらに上を目指したいと思います。

2017.06.22 Thursday

全日本婚礼美容家協会主催  着付けコンテスト東北大会2017

受賞者紹介

黒留部門

優秀賞 勝田    優美  (久慈高校卒)

銀賞    上ノ山 彩   (千葉学園高校卒) 

 

【受賞者インタビュー】

1ヶ月という短い時間の中で器用じゃないけど負けたくないという思いで頑張りました。

着付けの素晴らしさと楽しさ、やりがいを感じながら練習に取り組んでいる中、心が折れそうになりましたが一緒に頑張る仲間がいたからここまでこれたと思います。一番こだわったのは帯揚げの結び目の大きさを規定通りに仕上げることです。直前までお太鼓の作り方を研究しきれいに仕上げることを心がけました。

お忙しい中、時間を作って教えてくださった先生はもちろんのこと、大会にでる機会をくださった先生に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

2017.03.02 Thursday

メイクコンテスト2017

受賞者紹介

金賞      安達 美龍  (向陵高校卒)

モデル   田村 隆     (八戸工業大学第一高校卒)

テーマ:たむちぇる

ポイントは濃い目に入れたオレンジ色のチーク。髪の毛はそれに合わせた髪型です。


【受賞者インタビュー】

自分の名前が呼ばれたときはとても嬉しかったです。メイクのプロフェッショナルを目指そうと思うきっかけになりました。

メイクの選択授業の中で、同じ人でも眉の形だけで全然印象が変わるんだな〜と思いました。ベース作りやアイシャドーの入れ方など学びましたが、どれもとても楽しめました。将来の目標に向かってがんばります!

 

銀賞      吉田 妃七   (千葉学園高校卒)

モデル   茂内 綾      (千葉学園高校卒)

テーマ:バイオレット

テーマの通り全体的に紫を使ったメイクにしました。紫を使うことで大人でクールな感じを出しました。

 

銅賞      睫 里美     (八戸中央高校卒)

モデル   坂本 仁心     (野辺地高校卒)

テーマ:オルチャン

ポイントはハート型のチークです。キリリとした目を丸く見えるようにアイラインで印象を変えてみました。

 

アートメイク賞  河原木 理乃 (向陵高校卒)

グロテスクなイメージの作品を作りたかった。人の顔にメイクするのとは違って思い切りよくできて楽しかったです。

ホーム
Powered by
30days Album